スポンサーリンク

【ICLN、PBD、QCLN】エコ3姉妹+個別株 成長日記 2020.10.26 心臓に毛が生えてきました

米国株投資

こんにちはアプリコットキンクマです。

するする落ちていく株価

上昇したのはほんの一部の一部のみ(有名どころでZOOM)

長期金利も急落(10年国債が買われる?)一時VIX指数も+20%近く上昇

焦って売却した人も多かったかもしれません。

自分は全然焦ることはありませんでしたし、狼狽もしませんでした。

6月20日頃、9月初旬の調整下落には焦ってかなり狼狽売りする場面もありましたが、どうやら心臓に毛が生えてきたようです。

と言っても狼狽しない理由は2つあります。

1.中長期に渡って上昇していく自信がある銘柄しか保有していない

2.ジュニアNISA枠で続けている毎日S&P500インデックス3000円積み立て

これらを続けているので自分の中では安心しているのが大きな理由です。

1に関しては来月中旬ごろには少なくとも回復していく自信はあります(決算次第)

2は下落すればするほど購入口数が増える

まだまだ投資歴は浅いですが、自分が信じれる投資法を見つけられたことは大きな自信につながってます。

スポンサーリンク

成長日記

途中からの回復は吉兆なのでしょうか?それとも更なる調整なのでしょうか?

特に何もNEWSは無いようなので回復したのは特定の銘柄だけなのかもしれません。

ETF

ICLN 49株 PBD 42株 QCLN 21株

市場平均以上の下落 少しずつバイデン銘柄の調整が進んでいるようです

菅首相の脱炭素社会の所信表明演説は、何の好材料になっていないのが少し悲しいです。

HERO 9株(+1) 26.91 -0.32 -1.17%(-1.17%)

ゲーム業界は市場平均よりは傷は浅いようです。少しだけ買い増し。

個別株

BNTX 131株 82.93 -5.76(-6.49%)

GDRX 68株 49.60 -2.90(-5.52%)

GILD 44株(+1)59.96 -0.83(-1.36%)

GOOS 76株(+2)33.47 -2.04(-5.74%)

NCNO 50株(+1)71.89 -1.27(-1.73%)

PINS 74株 50.46 -2.54 (-4.79%)

RIO 70株 58.28 -1.32(-2.21%)

SQ 43株 169.89 -6.88(-3.89%)

U 38株 99.96 +2.68 (+2.75%)

U(ユニティー)以外は大出血、しかしながら市場平均よりも下落幅が小さいものに関しては、いち早く回復してくれるのではないかと期待しています(GILD,NCNO,RIO+GOOS)

セクター別ランキング

S&P公益事業 328.94 -0.17 -0.05%

S&Pヘルスケア 1242.03 -13.94 -1.11%

S&P不動産 218.11 -2.66 -1.20%

S&P主要消費財 663.07 -8.54 -1.27%

S&P一般消費財 1232.00 -17.95 -1.44%

S&P情報技術 2038.32 -45.14 -2.17%

S&P金融 410.10 -9.37 -2.23%

S&P通信サービス 199.98 -4.64 -2.27%

S&P素材 404.43 -10.21 -2.46%

S&P工業 668.60 -17.14 -2.50%

S&Pエネルギー 221.99 -7.97 -3.47%

VIX指数 32.46 +4.91 +17.82%

アメリカ市場

OPECのバルキンド事務局長

「原油市場の回復にこれまでの予想よりも時間がかかる恐れがある」と言及

景気回復が想定していたより遅れている認識を示した。

欧州の感染拡大による経済制限

フランス:新型コロナ新規感染者数について、直近の公式発表の倍に当たる10万人程度になっている可能性

まとめ

大統領選は最終局面

株価も最終調整局面

この数日の下落は致し方ないかなと感じてます。

更にここから下落していくのか?それとも決算の良い銘柄などが選別されて上昇していくのか?

本当に目が離せない時期になりました。

よっぽどのことが無ければ保有している銘柄を売却する気はありません。(自信をもってラインナップしたつもりなので)

その気持ちがあれば大幅調整でも受け入れられる気がします。

短期的には厳しい局面が続くと思いますが、大きく深呼吸して中長期を見据えて、心を落ち着かせていきたいものです。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました