スポンサーリンク

【VYM,HDV,SPYD】金のニワトリ3姉妹+個別株 2020.10.05 トランプ退院 株価上がったけど大丈夫?

米国株投資

こんにちわアプリコットキンクマです。

先週のトランプ大統領コロナ陽性、入院の衝撃ニュースから一転、今週に入って早速退院するとの報道がされました。

驚きました、もちろん人の接触は最小限に保たれるし、医師団も執務に同行するとは思いますが、通常では考えられない復帰です。

これを受けて株価は全体的に伸ばしました。

退院後の体調悪化などあったらどうなるのでしょうか?

正直上がった事より、そのことの方が心配なのは自分だけでしょうか?

スポンサーリンク

成長日記

金曜日の下落から完全に回復しています。

個別株

GDRX 48株(-2) 52.97 +4.22(+8.65%)

GDX 27株 39.57 +0.60(+1.53%)

GOOS 50株 33.70 +0.65(+1.96%)  

RIO 41株 61.23 +0.74(+1.22%)

RPRX 700株 43.40 -0.93(+2.18%)

SQ 39株(-11) 180.92 +11.31(+6.66%)

U  30株 84.00 +0.47(+0.56%)

全銘柄上昇しました。が上がりすぎでは?と思い短期想定分は売却しました。

10月半ばまでは予断を許さないので現金比率を少し増やします。

セクター別ランキング

S&Pエネルギー 229.01 +6.46 +2.90%

S&P情報技術 2067.19 +45.79 +2.27%

S&P素材 405.32 +7.65 +1.92%

S&P工業 666.52 +10.69 +1.63%

S&P通信サービス 197.38 +3.16 +1.63%

S&P一般消費財 1232.48 +19.38 +1.60%

S&P公益事業 312.31 +3.90 +1.27%

S&P金融 410.39 +6.39 +1.58%

S&P主要消費財 663.53 +5.10 +0.78%

S&P不動産 227.20 +1.35 +0.60%

VIX指数 28.03 +0.40 +1.45%

アメリカ市場

9月ISM非製造業景況指数

57.8(8月56.9、6カ月平均52.9)

トランプ大統領退院

本日中に退院と報道 不透明感が弱まる

ノルウェー石油会社ストライキ

ストライキによって石油価格が上昇

まとめ

大統領の回復、景気追加対策への見通しが明るいなど、不透明な要素が少なくなるとこんなにも、株価に影響するなんて・・・正直な気持ちです。

こんなにも一気に全面回復すると、その反動は少し覚悟した方がよいかもしれません。

流石に9月頭の調整は無いかと思いますが、自分の中では5%~10%位のボラティリティは仕方なしと思っています。

中長期で上がってくれば良し!の心構えで

とりあえずトランプ大統領の退院は良いNEWSでした。

がホワイトハウスでクラスターが発生していると思われるのに、本当に大丈夫?と心配もあります。

スタッフが重篤化しても経済に大きな影響が出てくると思うので、出来ればおとなしく隔離されておいて欲しいですね。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました