スポンサーリンク

【ICLN、PBD、QCLN】エコ3姉妹+個別株 成長日記 2020.10.16 ちょっと上がって yoko 横 よこ ヨコ そして下

米国株投資

こんにちわアプリコットキンクマです。

大統領選挙投票日まで残り17日

市場は徐々に結果を織り込みかけています。

もし現職大統領が負ける場合は3月、9月の株価が不調とのことです。

これって今のところ当てはまっています。

また3か月前、今回だと8/3のS&P500の指数を下回ると、現職大統領が落選するとも言われてます。

寝ていたらふと、この現職大統領敗北シナリオを思い出してS&P500 3倍ブルレバレッジETF

を所有している事に恐れを抱いてしまいました。

どちらが勝つか分からない状況

支持率だとバイデン有利

株価だとトランプ有利

不安定な状況は居心地悪そうなんで株価下落を読んでSPLX処分です。

スポンサーリンク

成長日記

ほとんど変化がないS&P500指数

でも引きの下げが妙に気になります。

選挙の織り込みが始まったのか?と疑いたくなります

ETF

ICLN 194株 PBD 166株 QCLN 81株

SPLS 299(+299) 5.13 +0.01(+0.19%)

10日くらいで5~8%調整が入ると読んで3倍ベアレバレッジに鞍替えです。

エコ3銘柄は仲良く約0.5%の下落

まだまだ調整が入っているようです 

個別株

BNTX 29株 94.09 +3.71(+4.10%)

CAKE 85株 30.48 -0.37(-1.19%)

GDRX 51株 53.02 +1.46(+2.83%)

GOOS 74株 35.16 -0.05(-0.14%)  

RIO 43株(+1) 60.05 -0.82(-0.82%)

RPRX 240株 41.81 -0.67(-1.57%)

SQ 43株 186.35 -2.25(-1.19%)

U  34株 92.56 +1.13(+1.23%)

BNTX 11月下旬の緊急承認を申請 欧州でも年内に承認か?

ワクチンレースに1,2歩リード 株価も94ドル台に突入した

セクター別ランキング

S&P公益事業 325.27 +3.49 +1.08%

S&Pヘルスケア 1257.60 +12.72 +1.02%

S&P工業 689.55 +4.84 +0.71%

S&P素材 416.43 +2.63 +0.64%

S&P主要消費財 681.08 +0.54 +0.08%

S&P金融 415.21 +0.34 +0.08%

S&P通信サービス 200.36 +0.02 +0.01%

S&P情報技術 2130.53 -5.94 -0.28%

S&P不動産 223.66 -0.92 -0.41%

S&P一般消費財 1257.80 -12.50 -0.98%

S&Pエネルギー 228.78 -5.40 -2.30%

VIX指数 27.41 +0.44 +1.63%

アメリカ市場

米ミシガン大学10月の消費者信頼感指数

81.2(9月80.4)

欧州医薬品庁(EMA)のラージ長官

「21年初めの数カ月のうちにEMAが3つのワクチンを承認する可能性がある」とインタビューで答える

大統領選TV党大会

同時刻に行われた全米に中継された党大会 視聴率対決ではバイデン氏がリードした

まとめ

BNTX様のおかげで全体的には微減でしたが、そこが無ければ自分銘柄全面安でした。

あと10営業日はいろんな事を織り込みながら株価が変動していきそうです。

カギは完全に追加景気刺激策!

選挙後の成立が濃厚ですが、一発逆転、共和党が民主党を超える刺激策を出して来たら?

民主党も突っぱねるわけにはいかないですよね?

そうなると株価上昇

トランプ支持率回復

あれれ?

大逆転もあり得ます。

日々のNEWSと株価目が離せません。

特に土日に何か大きな動きがありそうな予感が・・・

不安と楽しみが混在しています。

あと18日か・・・

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました