スポンサーリンク

【ICLN、PBD、QCLN】エコ3姉妹+個別株 成長日記 2020.11.20 クリーンエネルギーETF3姉妹は人気者

米国株投資

こんにちはアプリコットキンクマです。

今日の ICLN、PBD,QCLN

クリーンエネルギーETF3姉妹は市場平均と比べて絶好調でした。

ICLN 組み入れTOP3 

Plug Power アメリカの水素燃料電池

(構成比率 5.52%)+2.40%

Meridian Energy ニュージーランドの再生エネルギーカンパニー 

電気飛行機などを実用化させるための研究をしている

(構成比率 5.27%) +3.88%

Contact Energy ニュージーランドの電力会社

地力、水力発電を得意とする

(構成比率  5.02%)+1.93%

PBD 組み入れTOP3 

Jinko Solar Holding 世界最大のソーラーパネルメーカー 本社は上海

ソーラーパネルセル効率の世界記録を保有する

(構成比率  2.56%)+5.88%

Nio 言わずと知れた高級EVメーカー 中国版テスラ 漢字だと上海蔚来汽車

100kWhの大容量バッテリーを搭載できる車種を発表 600km以上走行可能

(構成比率  2.37%)+1.65%

Xpeng シャオペン 自動運転に注力 こちらもテスラを追う存在

第2工場を新設し増産を目指す

(構成比率  2.01%)+12.01%

QCLN 組み入れTOP3 

NIO

(構成比率 15.57%)+1.65%

Enphase Energy ソーラーパネルのインバーターを製造

エネルギー効率を高める技術に長ける

(構成比率 6.53%) +0.54%

Albemarle Corpバッテリーには欠かせない リチウムの世界最大プロバイダー

他に臭素、触媒事業などを行っている。

(構成比率  5.58%)+1.66%

4位はテスラ (構成比率 5.07%) -1.93%

スポンサーリンク

成長日記

ETF

ICLN 138株 PBD 95株 QCLN 52株

CXSE 中国株ニューエコノミーファンド (国有企業を除く)

35株(+10) 63.16 +0.90 (+1.44%)

EPI インド株収益ファンド

40株 26.20 +0.10 (+0.38%)

HERO ゲーム&eスポーツETF

55株 27.72 +0.31 (+1.13%)

IWM ラッセル2000ETF

15株 177.50 +0.19 (+0.10%)

VAW 素材セクターETF

21株 149.70 -0.22 (-0.14%)

VCR 一般消費財・サービスセクターETF

10株 252.50 -1.04 (-0.41%)

VIG  米国増配株式

27株(+25) 136.44 -0.74 (-0.53%)

XSOE 新興国ニューエコノミーファンド(国有企業を除く)

81株(+5) 37.32 +0.27 (+0.72%)

新規 NUGT 金鉱株 ブル2倍

15株 69.05 +1.16 (+1.70%)

金価格が下落しているので少しリスキーだが

様子見で購入 上昇相場を探る

個別株

RPRX 103株 40.37 -1.11 (-2.67%)

SQ 24株 195.97 +4.31 (+2.24%)

GDRX 100株(-260) 38.80 +0.80 (+2.10%) 

ZM 3株 439.60 +25.31 (+6.10%)

新規 FSLY 12株 83.00 +2.74 (+3.41%)

再購入 GILD 20株 60.11 -0.52 (-0.85%)

セクター別ランキング

S&P公益事業 321.68 +0.15 +0.05%

S&P素材 437.84 -0.58 -0.13%

S&Pヘルスケア 1266.25 -2.49 -0.20%

S&P一般消費財 1243.31 -6.37 -0.51%

S&Pエネルギー 267.24 -1.41 -0.52%

S&P通信サービス 211.22 -1.17 -0.55%

S&P主要消費財 682.83 -4.41 -0.64%

S&P不動産 228.51 -1.51 -0.66%

S&P金融 450.77 -4.01 -0.88%

S&P工業 730.99 -6.70 -0.91%

S&P情報技術 2109.68 -22.39 -1.05%

VIX指数 23.70 +0.59 +2.55%

アメリカ市場

ムニューシン米財務長官

FRBの緊急融資プログラムの一部について、期限を延長せず12月31日で終了

融資するための予算を戻し、補助金などに転用する

ファイザー、バイオンテックFDAに緊急使用申請

FDA諮問委員会によるワクチンの検討会が12月10日に実施される

まとめ

クリーンエネルギーETFは大統領選挙前から急上昇して今の株価に至ります。

その時はバイデン政権になった時の期待などから上昇していましたが、当選を確実にして時間がたった今は違います。

主な躍進の理由は、壊滅的に経済がやられている欧州の復興基金への期待や、ガソリン車等の新規購入が近い将来禁止になる国、地域が増えてきている事によります。

コロナの感染拡大がより進むに連れて、次なる投資先として資金が集まって来ているのかも知れません。

ロックダウンなので巣籠もり銘柄が躍進し、ワクチン期待からバリューが巻き戻し、更に先は?と考えると注目の分野です。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました