スポンサーリンク

【ICLN、PBD、QCLN】エコ3姉妹+個別株 成長日記 2020.11.23 金鉱脈を探して

米国株投資

こんにちはアプリコットキンクマです。

先日ツイートしたんですが、新たな投資先として各国のインデックスを楽天証券で購入できる分、1株だけですが開場一番投資始めました。

各製薬会社が発表してきたワクチンの有効性は高く、緊急承認の可能性は日々高まっています。

アメリカ政府高官は、12月10日の承認するための委員会開かれ承認されれば、24時間以内に配布可能と発表、世界の期待は高まっています。

世界の経済はアフターコロナに目が向いています。

気持ち的にはココが底、どれだけ早い回復を見せる国はどこなのか?注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

成長日記

各国ETF

ICLN 138株 PBD 95株 QCLN 52株

CXSE 中国株ニューエコノミーファンド (国有企業を除く)

35株 62.81 -0.35 (-0.55%)

EPI インド株収益ファンド

40株 26.32 +0.12 (+0.45%)

XSOE 新興国ニューエコノミーファンド(国有企業を除く)

81株 37.40 +0.08 (+0.21%)

EPOL ポーランド MSCI ポーランド IMI 25/50 インデックス

1株 17.47 -0.07 (-0.39%)

EWM マレーシア MSCI マレーシア・インデックス

1株 27.76 -0.07 (-0.25%)

EWW メキシコ MSCI メキシコ IMI 25/50 インデックス

1株 41.06 +0.12 (+0.29%)

IWM 韓国 MSCI 韓国 25/50 インデックス

1株 76.11 +1.45 (+1.94%)

メキシコ 韓国 インドはプラス

まだまだ初日 状況は分かりません

ETF

ICLN 138株 PBD 95株 QCLN 52株

HERO ゲーム&eスポーツETF

55株 27.64 -0.80 (-0.28%)

IWM ラッセル2000ETF

15株 180.82 +3.32 (+1.87%)

VAW 素材セクターETF

21株 151.29 +1.59 (+1.06%)

VCR 一般消費財・サービスセクターETF

10株 257.12 +4.62 (+1.82%)

VIG  米国増配株式

28株(+1) 137.31 +0.87 (+0.63%)

NUGT 金鉱株 ブル2倍

40株(+25) 63.26 -5.79 (-8.38%

ラッセル2000はココの所いい成績を残しています。

少し比率を上げても良いのかもしれません。

個別株

RPRX 103株 40.20 -0.17 (-0.42%)

SQ 24株 207.78 +11.81 (+6.02%

GDRX 70株(-30) 39.07 +0.27 (+0.69%) 

ZM 3株 430.28 -9.32 (-2.12%)

FSLY 13株(+1) 83.39 +0.39 (+0.46%)

GILD 43株(+23) 59.89 -0.22 (-0.36%)

再購入 T 20株 28.62 +0.30 (+1.05%) 

セクター別ランキング

S&Pエネルギー 286.18 +18.94 +7.09%

S&P金融 459.26 +8.49 +1.88%

S&P工業 742.96 +11.97 +1.64%


S&P素材 441.62 +3.78 +0.86%


S&P一般消費財 1253.36 +10.05 +0.81%

S&P主要消費財 683.18 +0.35 +0.05%

S&P通信サービス 211.32 +0.10 +0.05%

S&P公益事業 321.63 -0.05 -0.01%

S&P情報技術 2108.98 -0.70 -0.03%

S&Pヘルスケア 1262.42 -3.83 -0.30%

S&P不動産 227.74 -0.77 -0.34%

VIX指数 22.72 -0.98 -4.14%

アメリカ市場

バイデン政権 次期閣僚一部発表

財務長官にFRBのイエレン前議長、FRBに明るいイエレン氏が着任することで、金利等の政策を円滑に進めることに期待が高まる。

国務長官にアントニー・ブリンケン氏 オバマ政権で国務副長官や、国家安全保障担当の大統領副補佐官を務めた

国土安全保障省長官にはアレハンドロ・マヨルカス氏、オバマ政権で同省副長官を務めたキューバ系米国人弁護士

気候変動を担当する大統領特使には元上院議員のジョン・ケリー氏、民主党の元大統領候補

まとめ

各国の指数購入してみました。

まだまだアメリカ市場の方が好調なのは間違いありませんが、いつ一時的に投資家が資金の移動を始めるのかは予想がつきません。アンテナを張る意味では試し買いが有効な手段かもしれません。

現に2週間前に購入したEPI インド株収益ファンドはすでに+3.17%になっています。

チャートもきれいな右肩上がり、人口の増加する国は期待が持てます。

しかしながらこれから

サンクスギビング

ブラックフライデー

クリスマス

などのイベントを控えたアメリカ市場が強いのには間違いありません。

しばらくは本格的な資金移動はなさそうです。

今日の敢闘賞はSQでした。

金利上昇局面にもお構いなし。

もはやグロース株ではありません。グロースバリュー株とも言える値動きでした。

そしてQCLN

EVの組み入れ比率が高いので上昇が止まりません。ボラティリティを抑える為に購入したETFでしたが、+5.94%の上昇。分散してこの上昇率、個別は凄い事になっていそうです。

ただ、落ちる時も半端なさそうなので自分はETFで十分満足しています。

今後もエコエネルギー関連は個別を持つことは無いと思います。

全体的には程よい感じに上昇しているのでほっとした良い週明けでした。

ずっと続けばいいな・・・

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました